風邪予防に腸内環境を整え免疫力を

 私たちの身体は免疫によってウイルスや細菌から守られています。

 

 手洗い、うがい、マスクの着用などの風邪予防対策と併せて「免疫力」を高める食事で風邪予防に努めましょう。

 免疫の要となる免疫細胞の多くは腸に存在しています。

 腸内環境を整えることは、免疫細胞を活性化し免疫力を高めることにつながります。整腸作用    のある食材は、   * 食物繊維の豊富な野菜

          * きのこ

          * 海藻

          * 発酵食品の納豆やヨーグルト など

 

 体内で活性酸素が過剰に発生すると免疫力が下がります。

 

 活性酸素の働きを抑える「抗酸化作用」のある ビタミンA,C,Eを含む食品を取りましょう。

* ビタミンA(のどや鼻の粘膜を丈夫にしてウイルスの侵入を防ぐ)

        レバー、ニンジン、ほうれん草、小松菜、かぼちゃ、ニラ、春菊など

* ビタミンC(免疫力の主体である白血球の働きを強化する) 

        イチゴやみかんなどの果物、ブロッコリー、キャベツ、大根、じゃが芋など

* ビタミンE (ビタミンA,Cと一緒に取るとさらに抗酸化作用を高める)

        アーモンド、落花生、モロヘイヤ、アボカド、卵、かぼちゃ、植物油など

 免疫力を高めるには、食事に気を付けることだけでなく、ウオーキングなどの適度な運動や、十分な睡眠を取るなどの休養が必要です。