千葉市・東金・大網白里・山武・九十九里でカラダの痛みでお悩みなら、秋葉接骨院にご相談ください。

健康情報のページ



【最新のコラム】

熱中症対策

 熱中症とは、体内の水分や電解質のバランスが崩れたり、うまく体温調節ができなくなって体内に熱が溜まった結果、様々な不調を引き起こす状態のこと。

30℃を超える真夏日に多いと思われがちですが、体が暑さに慣れていない初夏や、湿度の高い梅雨明けの時季にも多くみられます。

 

   こんな日は熱中症のリスクがアップ

 

 * 気温が高い

 * 日差しが強い

 * 地面の照り返しが強い

 * 急に暑くなった

 * 風が弱い

 * 湿度が高い

 

   熱中症のサイン

 

* だるさや頭痛、吐き気 ぐったりする、頭痛、吐き気、下痢などの症状がでる場合も

* めまいや立ちくらみ、ふらつき 立っていられなくなったり、意識が一時的に遠のく

* 汗の異常 汗が止まらない、暑さを感じているのに全く汗をかかないなど

* 顔のほてり 体温が上がり、顔などがほてる

* 筋肉のけいれん 手足の筋肉がつる、筋肉のけいれん、手足の痺れなどが起こる

* 皮膚が熱い、乾いている 体温が高くなって皮膚が熱くなったり乾いたりする

 

    このようなサインが現れたら、涼しい場所に移動する、体を冷やすなどの応急処置を

     行いましょう。それでも改善しない場合は医療機関へ。

 

続きを読む